読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

コミュニケーションの壁は、自分の先入観?! 雑誌『一個人』記事紹介

記事紹介

こんにちは、道家道学院 札幌道学院です!

 


コミュニケーションが下手なのかた
自分が壁を作っていませんか?

 


この人は、こうゆう人なんじゃないか
きっと、こう思っているにちがいない
こう言ったら、こう返事をするに決まってる

 


こんな先入観があると
どんな人間関係も、
うまくいかなくなりそうですよね。

 


そんな、先入観は、我執という名の
コミュニケーションの前に立ちはだかる壁なのだそうです。

 


そんな壁をとりのぞく、
先入観やこだわりなど 我執を捨てることから始まる』をご紹介します。

 老子、その無為自然の実践哲学を体で学ぶ コミュニケーションを制するものは人生を制する


雑誌『一個人』のライターの方に、編集していただきましたが、
よかったら、読んでみてください。

 

 

先入観やこだわりなど 我執を捨てることから始まる  雑誌『一個人』記事紹介

 

タオイズムを実践すると、
身辺は大きく変化するが、
特に人とのコミュニケーションには
めざましい動きがある。

 


「人付き合いが苦手で困っている」という人は、
どこかで「自分は正しい」と思い込んでいる場合が多い。

 


世間体や虚栄心という我執に捕らわれて
「気」を滞らせ、自分に壁を作っているのだ。

 


無為自然の生き方には対立がない。

 


誰かが突っかかってきたら、スッと身をかわす。
相手が足を突き出してきたら、自分は足を引く。

 


我執をふっと取り去り、
飾らずに生きることを知れば、
自分が変わり、そして周囲が変わる。

 


それではタオイズムの「実践哲学」をいかに身につけるのか。

 


その答えを探求し、学びを体系化したのが
道家<道>学院の早島天來初代学長である。

 


現在、<道>学院は
「気の導引術」「道家動功術」「洗心術」という、
3つの「気のトレーニング」を日本で唯一、指導する学校だ。

 


基本となる「気の導引術」は
古代中国から伝わり、
長い歴史の中で育まれてきた
究極の「気」の健康法である。

 


呼吸とともにからだをゆっくりと動かすことで
ツボが刺激され、「気」が全身をめぐっていく。

 


習ったその日から実践できる自然な動きだが、
続けるほど心身に染みわたり、我執が取れ、
人を素直に受け入れられる自分へと変わっていく。

 


一度身につければ、
まさに一生の宝になるはずだ。

 


またコミュニケーションカを高めるには
二人一組で決まった技を掛け合う「道家 動功術」が最適だ。

 


老若男女、さまざまな人と組むことで、
相手の気の流れを感じ、
心の壁がなくなっていく。

 


そして「洗心術」では、老子の思想を学び、
こだわりや我執を放していく。

 

 

3つの「気のトレーニング」を通して、
先入観、我執、世間体などを断捨離しよう。

 

 

「気」が巡り、周囲に人が集まる
コミュニケーションの達人になるのだ。

 

 

全文は、こちら 

www.dougakuin.jp