読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

ストレス過多を防ぐには 『ネバならない』という思い込みを、一回横に置いてみる  雑誌『一個人』記事紹介

 

 

 

ストレスって誰にでもありますよね。

 


でも、ストレス過多になると
心や体の不調が出やすくなり、場合によっては

 


社会生活が
ままならなくなる場合もあるようですね。

 


どうしても、
ストレス過多になりやすいあなたにオススメする、


自分で自分を応援する気持ちがストレスヘの処方箋
をご紹介します。

 老子、その無為自然の実践哲学を体で学ぶ コミュニケーションを制するものは人生を制する


副学長へのインタビューを
一個人のライターの方に、編集していただきましたが、
よかったら、読んでみてください。

 

 

自分で自分を応援する気持ちがストレスヘの処方箋  雑誌『一個人』記事紹介

 

かつての日本は
高度成長経済の中にあって

 


一億総中流」などという言葉が盛んに使われたが、今や昔。

 

 

昨今は格差社会が当たり前で、
豊かな老後を楽しむ人々がいる一方、
リタイア後を不安に思う人も少なくない。

 


また日本の家計貯蓄率もどんどん下がり、
貯蓄の食いつぶしが始まるとも言われている。

 

 

現在の生活の中に不安がある。
そして十年先の自分にも不安がある。

 


少子高齢化の日本に生きていると、
そういう心境に陥りがちになるのだが、
そこに答えを出す方法は、ある意味、ひとつしかない。

 


「今をどう生きるか」ということだ。

 

 

不安な気持ちがある時、
人は一歩先へ踏み出すことができない。

 


とくに日本人は謙虚なだけに、
「私は欠点だらけだ。もっとこう生きなければ」
などと理想を追い、これが逆に
ストレスになって身動きが取れない場合が多い。

 


理想を持つこと自体は決して悪くはない。

 


しかし「ねばならない」という思い込みは、
思ったようにできない自分を浮き彫りにし、
よりストレスを生みだす結果となる。

 


「気」の流れがどんどん悪くなり、
のびのびとした自由な発想の芽を潰してしまう。

 

 

大切なのは自分を素直に受け入れ、
「今の自分」を好きになること。

 


世界でもっとも自分を大切に思い、
支え続けているのは、
他でもない自分自身だ。

 


自分を応援するという気持ちが、
あらゆるストレスへの処方箋となり、
人生に元気とやる気をもたらしてくれる。

 

 


全文は、こちら

www.dougakuin.jp