読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

会話が苦手!そんなかたへ。会話は『気のキャッチボール』気楽に一歩踏み出してみよう。

こんにちは、道家道学院 札幌道学院です!

 

 

日常会話が苦手!
人見知りをなおしたい
コミュ障です
あがり症を克服したい

 

 

そんなあなたに、『気』の流れをよくして
苦手な会話を、ちょっとでも気楽にしていただける知恵を

 

 

道家道学院特設サイト
『生きるタオ』から抜粋し、ご紹介いたします。

 

 

ページ内にもありますが
会話というのは、『気のキャッチボール』。

 

 

一方通行は、つまらないですよね。

 

 

へたでも
たどたどしくとも
楽しくできるのが一番ではないでしょうか?

 

 

『気のキャッチボール』会話は気楽に一歩踏み出してみよう。

 

大勢のなかに入ると話せない
緊張してしまう
会議であがってしまい、思ったような発言ができない。

 

 

こんな方に
おすすめの方法、抜粋しました。

 

 

まず頷くことから始めよう

大勢の会話になると、
話しのタイミングをつかめなかったり、
話し上手な人の勢いに押されて、話しが出来ない、
と悩んでいる貴方。

 

 

会話の輪に入るには、
いっしょに頷く、笑う、手を叩くなど、
言葉だけでないコミュニケーションツールを使うことです。

 

 

そして、
どうしても自分も一言話さなくては、
と焦っていると、
相手の話をよく聞いていません。 

 

 

自分が話そうということに
気を集注してしまうからです。

 

 

もうその時点で会話にならないのです。

 

 

話さなくても良い。
気楽ですよね。

 

 

うなづく
笑う
共感する
などの、リアクションを気軽にすることで

 

相手が気持ち良くなって
勝手にどんどん話してしまうそうです。

 

 

『会話が苦手』なら
相手が話してくれるのは、ありがたいことですよね。

 

 

そして、
『気のキャッチボール』を意識すると
意外とそれだけで、
苦手意識が薄れるかたもいるそうです。

 

 

会話はキャッチボール

会話は一人でするものではありません。
相手とキャッチボールをするようなものです。 

 

 

だんだん互いのペースがわかり、
玉の速さがわかって上手に出来るようになります。

 

 

そのことを忘れている人が
実はとても多いのです。 

 


自分がどう話すかより、
相手がなんていうか、ということがまたおもしろいのです。

 


自分の投げた玉がどんなにすばらしくても、
相手がどう受けるかわからないのです。

 

 

 ぜひ、この抜粋を何度も繰り返し
ご覧になり、『気のキャッチボール』の感覚を身につけてみてくださいね。

 

 

また、他の項目がご覧になりたいかたは
こちらのページをご覧になってください。

tao-academy.jp

 

ただ、体の気の巡りが悪くて
『気負け』している場合もあるので
そのような場合は、

 

 

体の気の巡りを良くすることを
最初に行うことをおすすめします。

 

 

体の気の巡りを良くしたい!
実際に習いたい!
という方は、道家道学院にお越しくださいね。

道家道学院本校サイトバナー