読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

『気の流れ』が悪いと おこりやすい3つの事。

気と生活

 今日も暑いですね。

 

 

それでも、北海道は、

木陰に入れば涼しいですし、

窓を開ければ、不快感は、さほど感じません。

 

 

夜になれば、気温も下がるので、

最高気温の数字の割には、

寝苦しい夜がないのがうれしいですね。

 

 

道家道学院  札幌道学院です。

 

 

さて、天気の良い時は、

家の中の風通しを良くすると、

すがすがしい気持ちがするのと同じように、

 

 

私達の体内も、気の流れを良くすると

すがすがしく、気持ちがよくなり、気持ちが明るくなります。

 

 

この『気の流れ』ですが、

これは、私たちの日常にどんな影響があると思いますか?

 

 

なんとな~く、流れが止まるのは、良くないような気はしますが、

具体的にどんなことが起こるのか、

 

 

『気の流れ』が悪いと、どんなことが、おこりやすいかを

簡単に3つにまとめてみました。

 

 

不調を感じるようになる

気と血液は、一緒に流れています。

肩こりや、目の疲れでさえ、気の滞り、

これをほおっておくと、慢性的な不調になりますし、更にほおっておくと

大病の素となります。

 

 

若いころは、一晩寝れば、治ったいろいろな疲労が、朝起きても体が重い

だるい。それが、気の滞り、老化のサインです。

 

 

ネガティブになりやすい。

 マイナス思考になり、打たれ弱くなります。

心の柔軟性が極端になくなり、

他の意見や、考えを受け入れる事が、難しくなります。

 

 

『でも』『だって』『どうせ』『私なんて』がくちぐせなら、

気の滞りを、疑ってみましょう。

 心のモヤモヤは、気のセンサーをにぶらせます。

 

 

ついていないなと感じる。

前出の二つから想像しても、

あまりついている人物像は、浮かんでこないと思いますが、

 

 

決定的に違うのは、

事故にあいやすくなるということです。

言い換えるなら、事故を回避しずらくなるということです。

 

 

気が危険を知らせていても、

心のモヤモヤが、ジャマをして

『まさか』『気のせい』と片付けてしまいがちです。

 

 

そのうえ、体の柔軟性にかけるので、

あっと思った時に、避ける事が難しくなるのです。

 

 

また、気の流れが悪いということは、

自然体から遠ざかるという事です。

 

 

”ビキナーズラック”という言葉がありますね。

なにも考えず、初めてやってみた賭け事などが、

大当りするというものですが、

欲も、作為もなく、自然体でただやってみたことで、大成功する。

 

 

それは、自然体だったからこそ、

気が正常にめぐり、その人本来の力をだせたので、
ツキを呼び寄せたとは、考えられないでしょうか

 

 

 

気の流れは、大きくわけると、
このような影響を与えると考えます。

 

 

北海道では、気というと、『はっ!』といって飛ばしたり

人の体をゆらゆらさせたりするもの・・・と思っている方が

まだまだ多いのですが、

 

 

『気』というのは、

体内に、私たちの周りに自然にめぐっているものです。

 

 

意識しようが

無意識だろうが、お構いなしに、めぐっているものです。

 

 

そのめぐっている『気』が、淀んでしまえば

不調になりやすくなり

マイナス思考になったり

事故に会いやすくなったりするのです。

 

 

今の自分が、楽しくない

本当の自分を出せていない気がする

もっと自然体な、のびのびした自分らしさを

手に入れたいと思うなら、

『気の流れ』を改善してみるのが早道だと思います。

 

 

tao-academy.jp

 

tao-academy.jp

f:id:sapporo_tao:20161222183215p:plain