読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

内臓の不調が思考の足を引っ張る? 『最初はからだを変える そうすれば人生が変わる』  雑誌『一個人』記事紹介

こんにちは、道家道学院 札幌道学院です!

 

 

思考パターンを変えたい
自分と異なる素晴らしい思考に出会ったとき、
そう思うことありませんか?

 

 

こう考えられたら、楽なのに
こう生きれたら、もっと楽しいのに

 

 

そう思って、さっと変えられれば
楽なのでしょうが

 

 

たとえば、
くよくよグルグルしないようにしよう!と思っても、
気が付けば、もとに戻ってしまう

 

 

胃腸に思考が感情に、振り回されているそうなのです。

 

そのような方は、
思考パターンの見直しとともに

 


内臓が、本当に元気か、
よく自分を観察してみてることも、大事なのでしょうです。

 

 

どこかいつも痛い、重い、むずむずするのは
内臓に思考が、引きずられやすいのだそうです。

 

 

不調は、ないのがあたりまえ
体を整えたら、性格変わるかたも少なくないと聞きます。

 


雑誌『一個人』の記事
最初はからだを変える そうすれば人生が変わる』をご紹介します。

 

 老子、その無為自然の実践哲学を体で学ぶ コミュニケーションを制するものは人生を制する

 

男性雑誌なので、
少し表現が難しいですが、
ご覧になってください。

 

 

最初はからだを変える そうすれば人生が変わる  雑誌『一個人』記事紹介

 

一日仕事をして、
ぐったりと疲れていても、

 


人は最高のレシピで作られたごちそうを食べて
満腹するとホッとして、思わず笑顔になる。

 


また親しい人と楽しく会食すれば、
嫌なことも忘れてしまう。

 


ともすると現代人は
からだと心を別々のものに考えがちだが、

 


両者はぴたりと繋がっていて、
互いに影響を与え合っている。

 


心のストレスは
胃の痛みや頭痛、不眠など、
からだに現われることがある。

 


一方、からだの不調が取れて
すがすがしい状態になれば、
自然と心も軽くなり、
悩み事もスッと流れ去ってしまう。

 


心とからだの深い関係は、
決して新しい話題ではなく、

 


人間の長い歴史の中で明らかにされ、
さまざまに研究されてきた。

 


最近、テレビ番組などでも取り上げられ、
改めて注目を浴びている 
老子』『荘子』 のタオイズムの思想でも、
心身のつがりは重要なテーマだ。

 


人も自然の一部であることを感じ、
心のわだかまりを取って、
からだを健やかに整えると、

 


人が本来もっている
「気」のめぐりがどんどんよくなる。

 


その結果、明るく楽しく、
幸運に恵まれる生き方が
自然と自分のものになるのだ。

 


老子の哲学世界を探求し、
その思想を日常生活の中で
実践するタオイストたちは、

 


「生命双修(心とからだをともに磨くという意味)」
という言葉を大切にしている。

 


頭で考えることの多い時代だからこそ、
ひとまず理屈は忘れよう。

 


自らのからだを正しく動かして全身を整え、
無為自然」「健康で楽しく生きる」という
タオイズムの原点を、からだを通して実践。

 


私たちが生まれながらに持っている
「気」の流れをよくしてやれば、

 


それが心にも作用し、
仕事の場やプライベートはもちろん、

 


人生そのものが
「気」の力でパワフルに動いていくのだ。

 

 

 

 

全文は、こちら 

www.dougakuin.jp