読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌で気功教室をお探しなら 『気の流れ』を変える『気のトレーニング』試してみませんか?

札幌で気功教室をお探しのかた。今の自分を変えたい・・・でも、どうしたらよいかわからないというかた。心身ともに変えることができるのが、気功の元となった『導引』です。ポイントは『気の流れ』を変えること。

「気」のパワーの真実 | 無為自然に生きれば、「気」が巡り、幸運の道が拓けてくる。

こんにちは、道家道学院 札幌道学院です!

 

 

老荘思想といっても、
なんとなくわかるような、わからないような

 

 

難しそうなイメージの方が
多いのではないかと思いますが

 

 

老子は、目に見えない『道』を説いた人物です。

 

 

道は、道路ではなく
道徳でもない。

 

 

じゃあ、なにかといいますと
宇宙の法則・・・なのだそうです。

 

 

人間は、生まれてから
だんだん成長し、年をとり、やがて死んでいく

 

 

そういった、
どう頑張っても変えられないものに
抵抗したり、逆らったりせずに

 

 

流れにのる生き方を、
老子は、提唱しているのだそうです。

 

 


副学長が、インタビューを受け、
雑誌『一個人』のライターの方が編集した
老子道徳経が教える「気」のパワーの真実』をご紹介します。

 老子、その無為自然の実践哲学を体で学ぶ コミュニケーションを制するものは人生を制する


少々難しい表現もありますが、
よかったら、読んでみてください。

 

 

老子道徳経が教える「気」のパワーの真実  雑誌『一個人』記事紹介

 

人の心のあり方や思想は
時に口伝えで、時に文字を通じて伝えられてきた。

 


これらは、まさに
人類の財産ともいうべき存在で、
人生をより豊かに、
より深く生きるためのアイデアに溢れている。

 

 

長い年月を経て、
生き続ける思想は世界的にも非常に少ないが、

 

 

最近、テレビ番組などでも取り上げられ、
改めて注目を浴びているのが

 

 

老子』『荘子』のタオイズム思想、
そして約二千五百年前に書かれた『老子道徳経』である。

 


「心とからだを自分で癒したい」
「本来の生き方を知りたい」
「心身ともに幸せな人生を送りたい」

 

 

そんな願いを持つ人たちに、
明確な答えを出すのが老荘の学、
タオイズムの思想だ。

 


その根本にあるのが「無為自然」であり、
現代でも多くの人の心を惹きつけてやまない
「生きた実践哲学」である。

 

 

老子道徳経』二十五章に
「人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、
道は自然に法る」という言葉がある。

 

 

これは
「人の道も、地の道も、天の道も自然に従うのがよい」
という意味で、「道」という普遍の法則を表現している。

 

 

宇宙には
人知に及ばない普遍的な法則があり、
無為自然に生きれば、「気」が巡り、

 

 

その人にとって最も楽しく、生きやすい、
幸運の道が拓けてくる。

 

 

全文は、こちら

www.dougakuin.jp